賃貸に関する情報が満載!

ペット飼育可能の賃貸アパートが増えている

ペット飼育可能の賃貸アパートが増えている 最近ペット飼育可能な賃貸アパートが増えてきています。
理由は一人暮らしが年々増えてきていること、高齢者の一人暮らしが増えてきてペットが一緒に暮らせると一人ではないということから安心感があるからです。
ペット飼育の需要がかなり上がってきているので賃貸アパートでペット飼育可能と記載されている不動産物件かかなり多くなってきています。
一人暮らしで人とクラスのは気を使うからペットならいいかなと思っている人も多いと思います。
実際仕事から帰宅して誰もいない家に帰るは寂しいと思ってもペットが待ってると思うと自然と気持ちが明るくなるしとても安心感があります。
最近は特に猫ブームなので室内で飼えるし散歩はしなくていいし手がかからないので飼いたいと人が増えてきています。
そういったことから賃貸アパートでもペットが飼育できることはとても需要があってこれからもっとふえるでしょう。
でも無責任に安易な気持ちで飼うのではなくちゃんと面倒見れるかを考えないといけません。

よくある分譲賃貸アパートのトラブルと解決策

賃貸アパートのよくあるトラブルの一番は 階上住人の騒音(足音・戸の開閉など生活ノイズ)です。
賃貸アパートの構造は 主に木造、軽量鉄骨などが多いですが、階をはさむフロアーの防音は鉄筋コンクリートや 重量鉄骨構造に比べると脆弱と言わざるを得ません。
「工夫した木材組み合わせ構造なので当社の住宅は階下に 響きません」など建築前の説明をショールームなどで受けますが コンクリート構造には劣ります。
次に隣室の騒音トラブルですが 界壁構造にして音が漏れにくくしてあっても木材系では音漏れをします。
鉄筋 コンクリート壁が防音効果は高いです。
しかしながら隣室の騒音は最初に記した全重量が下にかかって発生する 階上の住人による騒音に比べればトラブルは少ないのが一般的です。
解決方法としてはクレーム内容を聞き取り 最初は 対象者がわからないように入居者全員が目にする掲示板にその 旨の注意書きを掲出します。
 これでおさまらなければ対象者のポストに 掲出したビラを投函する。
こうして 個人攻撃に至らない方法で改善を目指します。
最後の方法ですが 対象者に直接申し入れるのであれば トラブルを 報告した入居者ではなく不動産会社か大家からが良いです。